「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

岸壁のサポ

そろそろ各チームの陣容が見えてきた2010年のJリーグ。注目ポイントがいろいろある中で、欧州から日本に帰ってきた清水エスパルスの小野伸二選手に目がいきます。

静岡県東部の沼津市出身。小学校時代から天才とよばれ、高校時代を名門清水商業で過ごし、卒業後は浦和レッズへ。華麗なテクニックで一年目から不動のレギュラーになると、プロ入りからわずか3ヶ月でW杯初出場。その後、オランダの強豪フェイエノールトへ移籍し、キャプテンマークを巻くほどの中心選手に。

代表としてもサッカー史に残る数々の活躍を見せ、W杯3大会連続出場はあの中田英寿と小野選手のふたりだけ。まごうことなき、日本が誇る天才フットボーラーです。

天賦の才ゆえの苦悩も。あまりに稀有な才能に周囲の期待が先走りすぎ、いつしか現実との間にギャップが。そこに度重なるケガが追い討ちをかけ、スタメンで活躍できない時期には「小野はもうふつうのプレーヤー」といわれたこともありました。

本当に「ふつう」になってしまたのか。黄金世代のリーダーといわれた彼も、30才。サッカー選手の一番いいといわれる時期は過ぎ、日本代表からも遠ざかっています。

しかし、入団会見で発した小野選手のコトバが、じつにイイ。

「30才、男はこれからというところをみせたい」

いや、ほんとうに、みせてほしいし、みたい。
映画やドラマのようなド派手な復活劇でなくていい。がむしゃらにボールを追い、地味なプレーでもチームを勝たせ、笑って客席にあいさつする。そして、スタジアムからの帰り道をサポーターの笑顔でいっぱいにする。

そんなサッカー本来のたのしさを味合わせてくれるなら、天才だろうとふつうだろうと、ベテランだろうと若手だろうと、華麗だろうと地味だろうと、関係ないんです。たのしさこそスポーツの原点。

12年前、清水の人々は18才の地元の宝のエスパルス入りを熱望し、かないませんでした。干支がひとまわりしたいまも熱意は変わっておらず、そんな清水サポーターは小野選手にとって「男をみせる」まさにうってつけの相手。

今季、オレンジのスタジアムにたくさんの笑顔がうまれるなら、清水にとどまらず、日本のサッカーファンみんなにとってもよろこびになることでしょう。
〝男〟らしい笑顔、みたいです。
[PR]
by daruwafu | 2010-01-30 23:02 | Jリーグ

蹴球なデータ その1

Jリーグ 過去17年 歴代優勝回数


1位   鹿島アントラーズ   7回 (96、98、00、01、07、08、09) 

2位   ジュビロ磐田      3回 (97、99、02)
      横浜Fマリノス     3回 (95、03、04)

4位   東京ヴェルディ1969 2回(93、94)

5位   ガンバ大阪       1回(05)
      浦和レッズ      1回(06)


鹿島が断然最強チーム。復権をめざす磐田にマリノス。ヴェルディのJ2脱出はいつか。ガンバと浦和はJのビッグクラブ候補。7番目の新優勝チームがあらわれるのはいつ?
[PR]
by daruwafu | 2010-01-28 22:29 | 蹴球なデータ

蹴球キホンのキ

サッカーのポジションは全部で4つ

FW フォワード  前衛。おもに敵陣にいて攻撃をになう。1チームにふつう1~3人で、人数によりワントップ、ツートップと呼ぶ。
【有名な選手】  三浦カズ・ゴン中山・高原直泰・釜本邦茂


MF ミッドフィルダー  中盤。味方の前線と後方をつなぎ、攻守両方にたずさわる。3~6人と人数が多く、攻めがメインの選手、守りがメインの選手と役割にちがいがある。
【有名な選手】  中田英寿・中村俊輔・小野伸二・ラモス瑠偉


DF ディフェンダー  後衛。バックともいう。おもに自陣にいて守備をになう。現代は1チームに4人が主流で、3人・5人の布陣もある。中央寄りを守るDFをセンターバック、外寄りを守るDFをサイドバックという。
【有名な選手】  中澤佑二・トゥーリオ・宮本恒靖・井原正巳


GK ゴールキーパー  味方ゴール前にいて、敵のシュートを防ぐ守備専門のポジション。ゴール前に四角く区切られたペナルティエリアの中では、手でボールをあつかうことができる。チームにひとりと決まっていて、区別のため他の選手とちがうユニフォームでプレーする。
【有名な選手】  川口能活・楢崎正剛・シジマール
[PR]
by daruwafu | 2010-01-24 23:29

ピアノとバイクと、ときどきボール

横浜生まれのヨコハマ育ちですが、ジュビロ磐田にも思い入れが。
ジュビロのホームタウンは、静岡県磐田市と西どなりの浜松市。その浜松が、うちの奥さんの実家なんですemoticon-0100-smile.gif

静岡は自他ともに認める、日本一のサッカーどころ。数えきれないほど多くの名選手を輩出してきました。主要都市のひとつ浜松でも、帰省するたびに「らしさ」を感じます。

新聞・テレビのサッカーニュースの多さ、イベントで必ず見かけるジュビロのエンブレム、サッカー部らしきバッグをやたらとかかえてる中高生たち。立ち寄ったスーパー銭湯には、あの高原直泰選手の記念写真が飾ってあったことも。

おなじ県の清水や藤枝などにくらべると、サッカー熱はやや後手に回るとも聞きますが、そこは静岡。よその人間から見ると、やはりちがう。ボールが日常に一歩入り込んでいるようで、うらやましいかぎり。

そのうちYAMAHAスタジアムに足を運んで、ジュビロを見るのを楽しみにしてます。サポーターの目がかなり肥えてそうemoticon-0103-cool.gif

対戦相手がマリノスだったら?‥‥さて、どっちを応援しようemoticon-0141-whew.gif
[PR]
by daruwafu | 2010-01-23 23:09

フィールドオブ ”マイ” ドリームス

ここ横浜には3つの大きなスタジアムがあり、むかしから、ちょくちょく試合を見に行ってます。

まず、プロ野球ベイスターズの本拠地横浜スタジアム。父がファンなので、ちいさいころによく訪れました。ときどきタダ券をもらったりして、気軽に行けるのがいいところ。なつかしの”ハマの4番”ローズ選手のサイクルヒットをこの目で見ました。

古きよきサッカースタジアムなのがニッパツ三ツ沢球技場。ボロくてちいさい、だからこそ愛着がわく昔ながらのスタジアム。サッカー専用なので臨場感はバツグン。陸上トラックがなく、文字通り目の前を選手が駆け抜けます。J2横浜FCのホームグラウンド。

そして、W杯決勝の舞台になった”新・サッカーの聖地”横浜国際総合競技場。いまの名称ニッサン・スタジアムもいいですが、略して「ヨココク」と呼んでたのもなつかしい。
中村シュンスケの生プレー、マリノス優勝の感動シーン、日韓W杯観戦と、ここは忘れられない思い出でいっぱい。これからもたくさんお世話になりたいです。

去年はいちども行けなかったんで、今年はどれかひとつでも出かけられますように。勝ちゲームが見たい!
[PR]
by daruwafu | 2010-01-22 23:27 | 横浜Fマリノス

蹴球な格言 その3


”空は広かった”


    今年の高校選手権優勝監督 山梨学院 横森巧(67)

       4度目の決勝戦で初めて優勝の胴上げをされて
[PR]
by daruwafu | 2010-01-21 23:15 | 蹴球な格言

相模原からJの海へ





神奈川県の北部に、相模原という街があります。

この4月に政令指定都市になるんだったり、イトコが住んでたり、米軍住宅があったり、うちの奥さんの職場があったりします。emoticon-0100-smile.gif

その相模原に、Jクラブができるかも?しれません。



先日、Jリーグの準加盟クラブにS.C.相模原が認められました。
準加盟クラブとは、簡単に言うと”何年か先にJリーグに入りたいです”と表明したチームのこと。

日本のサッカーはピラミッド構造。
Jリーグの1部・2部の下に、プロアマ混合のJFL、その下に関東・九州などの地域リーグ、さらに県リーグ、市町村リーグと、すべてのクラブが縦につながっている形。

各リーグで毎年昇格・降格が争われ、実力のあるクラブはひとつづつステップを昇ります。
つまり、どんなクラブでもJリーグに加わる道がある。それがサッカーの魅力のひとつになっているのです。



ただ、プロであるJリーグに入るには、強さだけでなくほかにもいくつかの条件が。

1万数千人収容のホームスタジアムを持つ、クラブを法人化する、平均数千人以上の観客動員力がある、地元自治体のバックアップを受ける、などなど。

要は、せっかく加盟しても、すぐに「お金なくなったので解散します」とならないよう、先にがんばらせておこうという”愛のノルマ”。emoticon-0146-punch.gif



いまは神奈川県リーグに所属するS.C.相模原
県民にもまだあまり知られておらず、これらの条件をクリアするのは夢のような話。Jは遠く彼方の、その向こう。

しかし、帆を張る前から出港をあやぶむより、思い切って手をあげて注目を集める。その注目を追い風に前に進もうと狙っているなら、大いに応援したいのです。

実は相模原は強豪校やクラブの多いサッカーどころ。
市町村合併で人口が増え、また、すぐとなりの東京都町田市にはおなじ準加盟の町田ゼルビアがあり、ダービーマッチも織り込み済み。
将来性はある。



10チームでスタートしたJリーグも、いまや37チーム。

思わぬ街にJクラブができ、サポーターに愛されるようになりました。たくさんの夢物語が、本当に現実になったのです。

S.C.相模原が、いつかJの頂点に立つ日がくるのかも。
こんなご時世だからこそ、おおきな夢を楽しんでみたい。彼らの今後に期待です。emoticon-0165-muscle.gif








 
[PR]
by daruwafu | 2010-01-20 22:28 | Jリーグ

蹴球なシネマ その1

”サッカー映画”
ふだんは目立たないのに、探してみるとけっこうある。そんなジャンルです。emoticon-0133-wait.gif

お気に入りのひとつが『シーズンチケット』。題名は、一年間観戦できる特別チケットのこと。イングランドの街ニューカッスルを舞台に、悪ガキたちが愛するクラブのシーズンチケットを手に入れようと悪戦苦闘するお話。

超スター選手アラン・シアラーが本人役で出演しているのが有名ですが、ストーリーのほうもなかなかよく練られています。純粋にクラブを応援したいのに、家族や将来の問題に悩み、トラブルを起こしてしまう悪ガキたち。そんな彼らに、最高のドンデン返しが待っています。emoticon-0127-lipssealed.gif

サッカーを知らなくても楽しめることうけあい。機会があれば、ぜひ♪
[PR]
by daruwafu | 2010-01-19 22:30 | 蹴球なシネマ

おかえりなさいませ 選手さま

今日は土曜日。長年の習慣でサッカーの日と脳みそにインプットされているので、試合がないこの時期はなんとも物足りない。しかたなくスポーツ新聞の移籍情報に目を通し、「ここは強くなりそうだな~」「あそことやったら楽しそうやね」とひとり悦に入ってます。

闘莉王、小野伸二、稲本潤一と大物選手が動いて、予想外ににぎやかな今オフの移籍マーケット。われらがマリノスには6年ぶりに、大宮アルディージャから波戸康広選手が帰ってきました。

地味と言うなかれ。知名度は高くないものの、波戸選手は横浜生え抜き。トルシエ監督時代に代表に選ばれ、W杯の一歩手前までいった実力派サイドバック。マリノスで優勝を知るメンバーでもあります。細身なのにガシガシぶつかっていくスタイルが、横浜国際スタジアムを沸かせました。

ここ最近大宮の試合を見てなかったので、プレーがどう変わったのか、変わってないのか、期待でうずうず。

33才。ベテランになった波戸選手が、古巣になにをもたらしてくれるのか。楽しみにしながら、もうしばらくのんきな土曜日をすごすことにします。
[PR]
by daruwafu | 2010-01-16 23:45 | 横浜Fマリノス

ハイパーおこづかい

交通費、9000万円出場ボーナス、億円

年末ジャンボをゆうにこえるこのお金は、W杯出場国が受け取る参加賞金。32チームすべてに支給されるのだから、スゴイ。さらに、優勝賞金26億円、準優勝に21億円、3位に18億で4位に16億と、支払う側の国際サッカー連盟はどんだけ金持ちなんだといいたくなります。emoticon-0126-nerd.gif

物価世界一の日本人がびっくりなんだから、おとなり北朝鮮にとってはとてつもない大金になるのでしょう。約半世紀ぶりのせっかくの出場、上手に使って選手たちをしっかりサポートしてあげてほしいもの。

ところがその北朝鮮、2月に日本で開催される東アジア選手権で、女子代表が突然の出場辞退。理由は不明で、日本の政治家の発言に端を発した政治がらみではという憶測も。女子サッカー界ではワールドクラスの強豪なのに残念。emoticon-0113-sleepy.gif
このハプニングで北朝鮮には罰金が課せられたのですが、その額、73万円。ずいぶんと庶民的。

責任うんぬんはさておき、なんとなくホッとできる話。あんまりセレブすぎちゃうのも、なんですよね。emoticon-0125-mmm.gif
[PR]
by daruwafu | 2010-01-14 17:19 | ワールドサッカー


サッカーのつれづれをなるままに…マリノス・代表・Jリーグ、W杯に欧州・南米etc 蹴球の森羅万象を横浜からコラムしてます


by daruwafu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
横浜Fマリノス
日本代表
W杯(ワールドカップ)
Jリーグ
ワールドサッカー
蹴球な格言
蹴球ひとむかし
蹴球なデータ
蹴球なシネマ
蹴球なつぶやき
未分類

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2011-02-15 22:10
岡野雅行 <蹴球な格言・その..
at 2011-01-09 17:58
ジョセフ・ブラッター <蹴球..
at 2010-12-14 13:06
ヨハン・クライフ <蹴球な格..
at 2010-12-03 14:38
黒田和生 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-25 14:27
フランツ・ミカエル・メルビン..
at 2010-11-22 16:31
岡田武史 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-16 13:06
イビツァ・オシム <蹴球な格..
at 2010-11-11 21:57
川口能活 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-05 14:29
フランクリン・ロボス <蹴球..
at 2010-10-30 21:04

リンク

<ランキング・サイト>
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブログランキング



ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

TREview

人気BLOGRANK

スポーツランキング
ブログ王ランキング
BS blog Ranking
有名ブログランキング
リンクリックブログランキング
インフォブログランキング


<人気サッカーブログ>
サッカーコラム J3 Plus+
ATTACKING PHASE
世界一蹴の旅
FCKSA55
YouTubeサッカー動画紹介ブログ
蹴閑ガゼッタ

<サッカー 公式サイト>
日本サッカー協会
Jリーグ
Jリーグ選手協会
J's GOAL
JFL
なでしこリーグ
日本フットサル連盟
Fリーグ
FIFA 国際サッカー連盟(英語)
UEFA 欧州サッカー協会連盟
AFC アジアサッカー連盟
東アジアサッカー連盟
toto
賀川サッカーライブラリー
ロボカップ日本委員会

<Jクラブ 公式サイト>
横浜F・マリノス
横浜FC
ジュビロ磐田
コンサドーレ札幌
川崎フロンターレ
湘南ベルマーレ
F.C.東京
愛媛FC
ザスパ草津
ギラヴァンツ北九州
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
アルビレックス新潟
アビスパ福岡
東京ヴェルディ
サンフレッチェ広島
名古屋グランパス
京都サンガ
清水エスパルス
ジェフユナイテッド千葉
柏レイソル
大分トリニータ
栃木SC
ヴァンフォーレ甲府
ロアッソ熊本
サガン鳥栖
徳島ヴォルティス
ヴィッセル神戸
大宮アルディージャ
セレッソ大阪
カターレ富山
水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山
FC岐阜

FC町田ゼルビア
S.C.相模原
松本山雅FC
ヴォルカ鹿児島
ガイナーレ鳥取
福島ユナイテッドFC
FC琉球
V・ファーレン長崎
ツェーゲン金沢
カマタマーレ讃岐

<外国クラブ 公式サイト>
レアル・マドリードC.F.
A.C.ミラン
FCバルセロナ
マンチェスター・ユナイテッド
アーセナルFC
バイエルン・ミュンヘン
ユヴェントスFC
バレンシア

<サッカーニュース・情報>
livedoor スポーツ
sportsnavi.com
サポティスタ
サッカー日本代表ネットワーク
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
中日スポーツ
デイリースポーツ
Yahoo!スポーツ
gooスポーツ
Google ニュース
biglobe スポーツ
時事通信
日本経済新聞
読売新聞
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
zakzak
FC JAPAN
fuori-classe(フォリクラッセ)
カルチョファンサイト
日本代表サッカー倶楽部
Number Web



<選手 ブログ・サイト>
中村俊輔 shunsuke.com
本田圭佑
川口能活 yoshikatu.net
稲本潤一
松井大輔
岡崎慎司 Ocafe
川島永嗣 Life is beautiful.
中村憲剛 Kengo14
楢崎正剛
大久保嘉人
佐藤寿人 MARZO DECIMO
宮本恒靖 m.tsune
高原直泰 TAKA19
三浦知良 BOA SORTE KAZU!
岡野雅行 野人は死なない!!
藤田俊哉
小野伸二
播戸竜二
鈴木啓太
リオネル・メッシ LEO MESSI

<解説者 ブログ・サイト>
中田英寿 nakata.net
中田英寿 TAKE ACTION
名波浩 LEFTY Web
前園真聖 zono.net
山口素弘 M.Pivote
ラモス瑠偉 CARIOCA
湯浅健二のサッカーホームページ
宇都宮徹壱 徹壱の部屋

<ファンサイト>
しゅりんぷと横浜FC

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

しずや

最新のトラックバック

リトルなでしこ、韓国にP..
from うんどうエッセイ「猫なべの定..
ニコニコ湘南
from 湘南
スポーツの普及
from Anything Story

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧