<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

蹴球ひとむかし  その1

1873年(明治6年)9月  日本にサッカーが伝わる

東京にあった海軍兵学寮で、教師として来日していたイギリス人のダグラス少佐が33人の部下たちとサッカーに興じる

 

‥‥世界最初のサッカー協会がイングランドに創立されてわずか10年。西郷隆盛や篤姫がまだ生きていたころ、この国にサッカーの第一歩が記されました。
[PR]
by daruwafu | 2010-02-28 16:05 | 蹴球ひとむかし

4年間物語のはじまり

盛り上がりましたねー、女子フィギュア

浅田真央選手、惜しかったですが力を出しての銀メダル。お見事。
パーフェクトだったキム・ヨナ選手は金メダルにふさわしく、銅メダルのカナダのロシェット選手も、お母さんを亡くした悲しみを背負ってのすばらしい演技。
バンクーバー・オリンピックの最高の戦いになりました。

このところのフィギュアスケートの躍進は、ほんとうにスゴイ。体格に勝るライバルたちを向こうに回して、日本人でも戦えることを証明してくれています。スケートリンクの閉鎖など、ほかのスポーツ同様不況の影響があるはずなのに、どのへんに成長の秘訣があるのか。世界で戦うサッカーにも役立つよう、ぜひ知りたいです。

マスコミの皆さんにそのへんを調べてほしいのですが、すぐに家族愛とか師弟の絆といった〝メダル秘話〟に走っちゃうのがこまりもの。硬派な『NUMBER』あたりが特集を組んだら、読んでみようと思います。

いやー、名勝負。4年後にもまたみたいですね。
[PR]
by daruwafu | 2010-02-26 23:13

人事の法則

「勝っているチームは変えるな」とは、たぶんどのチームスポーツにもいわれる法則。サッカーにもあてはまります。控え選手がたまたま出た試合でチームが勝つと、そのまま次の試合にも起用され、レギュラーを奪うのはよくある話。

昨年と今年のJリーグをみるに、上位に入ったクラブはみな監督を代えていません。ゆいいつ例外の川崎も、以前監督を代行したコーチが昇格しており、変化はほとんどなし。「変えるな」法則にのっとってます。

不景気を受けて守りに入っているとみることもできる。法則どおりの選択が正しいか否かは、シーズンが始まってみなければわかりません。

昨年6位に沈んだ浦和レッズが、フィンケ監督を続投させたのがいちばん気になります。
18才で代表入りした山田直輝選手ら若手を抜擢した点は評価できるものの、常勝であるべきビッグクラブでタイトル争いにまったくからめなかったマイナスも大きい。

それでも、ドイツから招いたベテラン監督に2季目を託した浦和。サポーターは日本一キビシイだけに、フロントの覚悟を感じます。赤い悪魔の逆襲やいかに。

もうひとつ、鹿島4年目のオリヴェイラ監督。3連覇の手腕を買われて、W杯後には次の日本代表監督へ引き抜かれてるかも。
鹿島サポーターは複雑でしょうが、ぜひみてみたい〝人事異動〟です。

オリヴェイラのあとがまにジーコが来てくれれば、丸くおさまるかな?
[PR]
by daruwafu | 2010-02-25 16:56 | Jリーグ

若さがほしい!

Jリーグは、サッカーにまつわるいろいろなデータを集めて、公表しています。そのひとつ、2009年シーズンの観客平均年齢が先日発表されました。

37.3才。2001年から調査されるようになったこの数字。ポイントは、わずか0.1才ながらはじめて若返ったこと。

いまサッカー人気はゆるやかに低下しています。中田英寿選手のようスポーツの枠を超えて注目される選手が減り、超満員が当たり前だった日本代表の試合は空席が目立つように。

以前からの固定ファンが減っている気配は、まだ感じません。問題なのは、新しいファン層の開拓
若者のスポーツと見られがちなサッカーも、Jリーグ開幕から17年が過ぎ、10代・20代の若者層へのアピールがあらためて必要になってきているように思います。

観客の平均年齢がわずかでも下がったのは、まずプラスでしょう。データの中味をしっかり分析し、若者たちの足がこれからもスタジアムに向くよう努力を続けてほしいもの。
一方で、高齢化社会の最大マーケット、シルバー層を放っておくのももったいない話。幅広い世代へのアピールも欠かせません。

各ホームタウンの実情に合わせた集客戦略が、チームごとの個性につながってくれれば、「主婦に人気のチーム」とか「働き盛りが応援したくなるクラブ」なんて出てきて、Jリーグの面白味が増えるかも。

ゴール裏が、おじいちゃんたちのツルツル頭でピカピカ光ってる。そんなチーム、あってもいいんじゃないでしょうか。
[PR]
by daruwafu | 2010-02-24 22:53 | Jリーグ

雪上サッカーはいかが?

4年に一度の冬の祭典、バンクーバー・オリンピックが注目を集めています。
98年長野大会のあと、冬季五輪は苦戦の日本勢。今大会は各種目で健闘してるんじゃないでしょうか。

なかでも男子フィギュアの高橋大輔選手。銅メダルの演技は、リクツ抜きに感動しました。
4回転こそ失敗しましたが、情感あふれる表情と華麗なステップで盛り上げ、魂のこもったスピンでフィニッシュ!観客総立ちのあの瞬間こそ、スポーツの醍醐味。長野五輪の金メダル、清水宏保選手のゴールシーンを思い出しました。

サッカーの歓喜の瞬間は、シュートが決まったときに集約されています。おもわず立ち上がりガッツポーズ!大事な試合であればあるほど大きな声が出て、思い出すと恥ずかしいほど。

ものの本によれば、サッカーの面白さは点が少ないことなのだとか。観客の期待はゴール。しかし点はなかなか入らない。90分間じりじりとつのる苛立ちとも願望ともいえる想いを、一挙に開放してくれる瞬間がゴールなのだと。

スポーツによって、最高の喜びの瞬間はさまざま。立て続けにいろんな競技を見られるオリンピックは、感動にもちがいがあるとわかって新鮮。サッカー馬鹿の世界をちょこっと広げてくれます。

期待の女子フィギュアはいよいよ明日。また、女子カーリングの最後の相手はW杯で同組のデンマークです。
がんばれ、日本!
[PR]
by daruwafu | 2010-02-23 21:56

緑の戦場

麻雀が好きでして。高校までは無縁だったのが、大学でどっぷりハマリました。
卒業してからはやる機会がなかなかありませんが、年に何回かの大学時代の集まりを楽しみにしてます。

麻雀とサッカーの共通点は?卓と芝生、どちらも〝ミドリの上で戦います〟

おととし引退した名波浩さんは麻雀好きで有名。活躍が期待される清水の小野伸二選手もお好きだとか。

ふたりともファンタジスタ。読みとかひっかけとか、華麗なプレーの裏には麻雀テクが意外に役立ってたりして。卓の上でもスゴイ技をくりだして、みんなをビックリさせてそうです。

当方の腕前はからっきし。ツモれない、アガれない、お約束の「決定力不足」です。かなし‥‥014.gif
[PR]
by daruwafu | 2010-02-22 16:01

31才 コンカツ

「中村俊輔、マリノス復帰か!?」

マリノスサポーターには気になってしかたないニュースが、ここ数日にわかに持ち上がってます。年が明けたころにいちど湧いてでた話で、このときは中村選手が否定したと伝えられ、消えたものとばかり思っていました。

昨年半ばには、マリノス復帰が決定とされた中村選手。移籍につきものの最後のドタバタで契約は流れ、スペインの中堅クラブ・エスパニョールにあわただしく入団した経緯があります。

シーズン序盤は出番を得ていましたが、世界で1,2を争うといわれるスペインリーグ。レギュラーを勝ち取るのは、日本が誇るファンタジスタでも至難の技。小さなケガからベンチをあたためるようになり、いまでは出場機会を失っています。

W杯のため試合に出続けたい中村側と、シーズン前で補強に絶好の時期のマリノス側。「日本に帰るときは古巣でプレーしたい」という意向もあり、相思相愛です。問題の金銭面は親会社のニッサンが前向きと報じられ、今週中にも合意がまとまりそうな雰囲気。

マリノスにプラス、話題が増えるJリーグにプラス、国内合宿に参加できるので日本代表にもプラスと、いいこと尽くしといえなくもない。まだやれる31才で本場欧州を離れるマイナスを差し引いても、マリノスサポータならやはりうれしい。

相思相愛のサッカー版コンカツ。まとまるか、まとまらないか、いかに。
[PR]
by daruwafu | 2010-02-18 22:40 | 横浜Fマリノス

6月もOKACHANで

第4回 東アジア選手権
       第3戦  中国 2-0 香港
             日本 1-3 韓国


日本は1勝1敗1分の3位。結果と内容の両方が悪い、残念な大会でした。

最後の韓国戦をマスコミの多くが「惨敗」と評し、岡田武史監督解任の声が出始めています。2大サッカー雑誌『サッカーマガジン』と『サッカーダイジェスト』が、歩調をあわせて解任を主張する事態はこれまでなかったことで、驚きました。

厳しい意見やブーイングが出るのは、W杯で勝ってほしいからこそ。ジャーナリストもサポーターも、日本代表を見捨ててはいません。まず、そのことはわきまえておきたい。
 
そのうえで、いまの代表はなにが問題なのかというと‥‥うーむ、いろいろありすぎる。

そもそも監督を代えれば済む話なのか。岡田監督が培ってきた「人もボールも動くサッカー」は、体格に恵まれないがパスワークは得意な日本人にとって、最適な戦術。前オシム監督がかかげた「日本化」スタイルとも重なります。

この基本戦術をチームに浸透させることに、岡田監督は成果をあげています。でなければ、きびしいアジア予選を簡単には突破できなかったでしょう。短い期間で仕上げた手腕はOK。

問題はそのあと。W杯出場を決めてからはや8ヶ月。基本を土台に、〝BEST4〟を目指すための上積みはあったのか。

ほとんどない。感じられません。
身につけたひとつの戦術を貫くあまり、逆に幅を失って硬直化している印象。
いつも同じでは相手にも読まれ、一本調子になったスキをつかれてカウンターに沈む。韓国戦の敗北はまさに、日本の弱点がそのまま出た展開でした。

戦術は理にかなっているし、選手の共通理解も高まっている。基本はできています。いまの日本に必要なのは、大胆に応用に挑む姿勢。
ここまで変化が少なかった分、マイナーチェンジできる箇所はいろいろあるはず。スタメンの練り直しはもちろん、サイドバックの位置取りとカバーリング、スクランブル時のシステム変更、ドリブル・高さといったスペシャリティをもつ選手の起用、W杯を知るベテランの復帰。いっそ上積みにこだわらず、対戦相手に特化したシステムの考案もあっていい。
いまのチームのままでもやれることはある。可能性が残されている。だから、岡田監督の解任には反対です

アウェーのW杯で勝ち点をあげ一次リーグを突破する。まだ日本サッカー界が成し遂げたことのない未知の領域に、岡田監督と選手たちは立ち向かっています。見えない前途に、サポーターが不安と不満を抱くのは当たり前。批判もブーイングも、彼らを信じる気持ちの裏返しと受け取って、あたらしい道を切り拓くべくがんばってほしい。

日本人がほんとうに熱くなれるのが、日本代表なんですから。
[PR]
by daruwafu | 2010-02-17 18:10 | 日本代表

災い転じてシミュレーション

第4回 東アジア選手権
       第1戦  日本 0-0 中国
             韓国 5-0 香港
       第2戦  中国 3-0 韓国
             日本 3-0 香港

開催国として優勝が至上命題のわれらが日本、苦境に立たされました。
初戦、流れを支配しながらゴールが奪えず中国と引き分け、その中国が韓国に26戦目にして初めて勝つ波乱。結果、日本は宿敵韓国との最終戦を大量得点差で勝たなければ、優勝がむずかしくなりました。

日韓両国の実力は、くやしいですがわずかばかり韓国が上とみています。勝つだけでもむずかしいのに、3点4点と差をつけるのは、まったくもってキビシイ。
初戦の引き分けがダメだの、シュート外しすぎだのと、大会が終わる前からあげつらっても意味ないので、ここはひとつ発想の逆転を。

東アジア選手権の試合スケジュールは、W杯のグループリーグ3試合とほぼ同じ。今大会でおきている状況は、6月のW杯本番にもおこりうるわけで、強敵韓国をグループリーグ第3戦で当たる仮想デンマークと考えれば、東アジア優勝=グループリーグ突破となり、これはくしくも絶好のシミュレーションです。

さて、どう戦うか。ただ闇雲にぶつかっていけば、返り討ちにあって負ける可能性が高い。しかし点は欲しい。
スタメンから攻撃的な選手を並べてリスク覚悟で攻めたおすか、終盤に余力を残してここぞと集中砲火を浴びせるのか。切り札になるスーパーサブは誰か、フリーキックをとれるドリブラーの起用はあるのか、右サイドバックは攻めの内田か守りの徳永か、遠藤保仁は2列目か3列目か、ケガの岡崎はスタメンか後半投入か、小笠原は?稲本は?平山相太のスタメンは?

いくつもいくつも湧いてくる想定問答は、試合の結果にかかわらず、W杯本番をむかえたときかならず役に立つはず。ただ勝った負けただけでなく、国際大会のリアルな勝ち点勝負にどこまで冷静かつ熱く立ち向かえるかが大事。岡田監督の腕のみせどころです。

もちろん、目標は優勝。アドレナリン全開でくる韓国をいなすくらいの大人のサッカーができれば、ゴールを重ねるのは決して不可能じゃない。高い壁だからこそ、それをのりこえてはじめて、w杯に勝つ道筋がみえてくるでしょう。

頼んだぞ、ブルース
[PR]
by daruwafu | 2010-02-12 23:10 | 日本代表

秘策は背中にアリ

ふと思うに、ユニフォームの背番号を、その選手がもらってる年俸に書きかえたらどうかと。034.gif

ゼロがズラズラならぶ選手がシュートを外せば「ヘタクソ!金かえせ!031.gif」となるし、奮闘した選手にゼロが1コしかないと「イイゾ!ホレた!010.gif」となる。盛り上がりまちがいなしの、お客さんを増やす秘策です。

妄想はさておき、さいきんのJリーグはどーにも華がない。草食系よろしく、選手はみんなオトナしくてマジメ。ときどきサラリーマンに思えるほど。「この足で一生分稼いじゃる!」的なギラギラ感が足りません。

むかしは、フリーキック1本決めたらウン十万円なんて契約の選手がいました。思いきって「コイツの給料一試合ナン百万円」とサポーターに公表すれば、草食系FWもあおられて肉食系ストライカーに豹変するかも…066.gif

決定力不足、解消!?
[PR]
by daruwafu | 2010-02-10 22:37


サッカーのつれづれをなるままに…マリノス・代表・Jリーグ、W杯に欧州・南米etc 蹴球の森羅万象を横浜からコラムしてます


by daruwafu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
横浜Fマリノス
日本代表
W杯(ワールドカップ)
Jリーグ
ワールドサッカー
蹴球な格言
蹴球ひとむかし
蹴球なデータ
蹴球なシネマ
蹴球なつぶやき
未分類

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2011-02-15 22:10
岡野雅行 <蹴球な格言・その..
at 2011-01-09 17:58
ジョセフ・ブラッター <蹴球..
at 2010-12-14 13:06
ヨハン・クライフ <蹴球な格..
at 2010-12-03 14:38
黒田和生 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-25 14:27
フランツ・ミカエル・メルビン..
at 2010-11-22 16:31
岡田武史 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-16 13:06
イビツァ・オシム <蹴球な格..
at 2010-11-11 21:57
川口能活 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-05 14:29
フランクリン・ロボス <蹴球..
at 2010-10-30 21:04

リンク

<ランキング・サイト>
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブログランキング



ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

TREview

人気BLOGRANK

スポーツランキング
ブログ王ランキング
BS blog Ranking
有名ブログランキング
リンクリックブログランキング
インフォブログランキング


<人気サッカーブログ>
サッカーコラム J3 Plus+
ATTACKING PHASE
世界一蹴の旅
FCKSA55
YouTubeサッカー動画紹介ブログ
蹴閑ガゼッタ

<サッカー 公式サイト>
日本サッカー協会
Jリーグ
Jリーグ選手協会
J's GOAL
JFL
なでしこリーグ
日本フットサル連盟
Fリーグ
FIFA 国際サッカー連盟(英語)
UEFA 欧州サッカー協会連盟
AFC アジアサッカー連盟
東アジアサッカー連盟
toto
賀川サッカーライブラリー
ロボカップ日本委員会

<Jクラブ 公式サイト>
横浜F・マリノス
横浜FC
ジュビロ磐田
コンサドーレ札幌
川崎フロンターレ
湘南ベルマーレ
F.C.東京
愛媛FC
ザスパ草津
ギラヴァンツ北九州
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
アルビレックス新潟
アビスパ福岡
東京ヴェルディ
サンフレッチェ広島
名古屋グランパス
京都サンガ
清水エスパルス
ジェフユナイテッド千葉
柏レイソル
大分トリニータ
栃木SC
ヴァンフォーレ甲府
ロアッソ熊本
サガン鳥栖
徳島ヴォルティス
ヴィッセル神戸
大宮アルディージャ
セレッソ大阪
カターレ富山
水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山
FC岐阜

FC町田ゼルビア
S.C.相模原
松本山雅FC
ヴォルカ鹿児島
ガイナーレ鳥取
福島ユナイテッドFC
FC琉球
V・ファーレン長崎
ツェーゲン金沢
カマタマーレ讃岐

<外国クラブ 公式サイト>
レアル・マドリードC.F.
A.C.ミラン
FCバルセロナ
マンチェスター・ユナイテッド
アーセナルFC
バイエルン・ミュンヘン
ユヴェントスFC
バレンシア

<サッカーニュース・情報>
livedoor スポーツ
sportsnavi.com
サポティスタ
サッカー日本代表ネットワーク
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
中日スポーツ
デイリースポーツ
Yahoo!スポーツ
gooスポーツ
Google ニュース
biglobe スポーツ
時事通信
日本経済新聞
読売新聞
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
zakzak
FC JAPAN
fuori-classe(フォリクラッセ)
カルチョファンサイト
日本代表サッカー倶楽部
Number Web



<選手 ブログ・サイト>
中村俊輔 shunsuke.com
本田圭佑
川口能活 yoshikatu.net
稲本潤一
松井大輔
岡崎慎司 Ocafe
川島永嗣 Life is beautiful.
中村憲剛 Kengo14
楢崎正剛
大久保嘉人
佐藤寿人 MARZO DECIMO
宮本恒靖 m.tsune
高原直泰 TAKA19
三浦知良 BOA SORTE KAZU!
岡野雅行 野人は死なない!!
藤田俊哉
小野伸二
播戸竜二
鈴木啓太
リオネル・メッシ LEO MESSI

<解説者 ブログ・サイト>
中田英寿 nakata.net
中田英寿 TAKE ACTION
名波浩 LEFTY Web
前園真聖 zono.net
山口素弘 M.Pivote
ラモス瑠偉 CARIOCA
湯浅健二のサッカーホームページ
宇都宮徹壱 徹壱の部屋

<ファンサイト>
しゅりんぷと横浜FC

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

フォロー中のブログ

しずや

最新のトラックバック

リトルなでしこ、韓国にP..
from うんどうエッセイ「猫なべの定..
ニコニコ湘南
from 湘南
スポーツの普及
from Anything Story

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧