「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 83 )   > この月の画像一覧

日本代表のBEST16に思う


今日は南アフリカ・ワールドカップが開幕してから、はじめて試合のない一日。
サッカー好きには、日本がBEST8へ進めなかった傷心をやわらげる貴重な休日です。





いまは素直に拍手を。日本代表は戦ってくれました。
パラグアイ戦は、決勝トーナメント1回戦8試合の中で、もっともつまらなかったかもしれません。日本が展開したサッカーの質も、W杯レベルでは高いとはいえないでしょう。

だからといって、サムライたちの奮闘は色あせない。

サッカージャーナリストの後藤健生さんが、大会前にこんな意味のことを言っていました。
「前回のドイツW杯では、日本は持っている実力を出し切れなかった。南アフリカではコンディションとメンタルを整え、実力を全部出し切ってほしい。そして、日本サッカーの実力が世界で本当に通用するのかみせてほしい」

日本は実力を出し切ったと思います。もっと攻撃的にいくべきだったかもしれないし、ほかに選ぶべき選手がいたのかもしれない。

しかし、今回本当に重要だったのは、戦術や選手選考といった細部ではなく、監督からスタッフから選手まで、全員が日本人だったことじゃないでしょうか。

サッカーほど国境のない文化もありません。欧州・南米の先進国に学ぶべきことは多い。それは承知の上で、今大会の日本代表は「純国産」で挑み、厳しい戦いを乗り越えて結果を出した。

BEST16進出は、培ってきた日本本来の実力の成果といっていい。
選手が技を磨き体を鍛えるのと同じように、監督が日々研鑽を積み、スタッフが経験を重ね、サポーターは鑑賞眼を深めてきた。日本サッカーを支える人たちみんなの総合力が上がったから、今回の躍進が生まれたのです。

日本はBEST8には進めなかったけれど、世界の強者たちと戦う資格はあると示してくれた。日本は決して弱くなんかなかった。岡田ジャパンがみせた闘志に満ちた戦いは、この先長く、われわれサポーターを勇気づけてくれるでしょう。





いま日本の経済はゆっくりと縮小しており、サッカー界もその影響を受けていくことになります。人気の低下は、すでにさまざまな形で現れてきている。

でも、悲観する必要はない。W杯が終わっても、サッカーは続いていきます。むかしのようには目立たないだろうし、スター選手も少なくなる。それでも、地味にコツコツと積み重ねた努力は、きっとまた大きな舞台で日の目を見るでしょう。

今回の日本代表の歴史的快挙は、サッカーを愛する日本のサポーターみんなの積年の想いが勝ち取ったもの。
だから、サムライ・ブルーに「ありがとう」とはいいません。サポーターも選手といっしょになって戦ったのですから。

これからもサッカーを見続け、愛し、心から応援し続ける。サムライたちの奮闘に応える、それが最上の答えだと信じます。

いつか日本代表がBEST8、BEST4、そして優勝へと昇りつめる未来を重ねながら、残り8試合の祭典を堪能したい。

2010年南アフリカ大会は、これまででいちばんうれしいW杯になりました
[PR]
by daruwafu | 2010-06-30 19:20 | 日本代表

デットマール・クラマー   蹴球な格言 その36



”試合で勝った者には友人が集まってくる。新しい友人もできる。本当に友人が必要なのは、敗れたときであり敗れたほうである。私は敗れた者を訪れよう”






            「日本サッカー育ての親」・ドイツ人コーチ   デットマール・クラマー



――――――1964年東京オリンピック。日本がアルゼンチンを破る番狂わせを起こした試合後、沸き返る選手たちにクラマーはこう語り、アルゼンチンのロッカールームに向かった。
[PR]
by daruwafu | 2010-06-30 18:13 | 蹴球な格言

岡田武史監督の続投を望む


今夜は日本サッカーの歴史を塗り替える夜になるのか。南アフリカ・ワールドカップ決勝トーナメント第1戦、日本対パラグアイのキックオフまであと数時間です。

日本の勝利の可能性は、PK戦を含めて25%ほどとみています。パラグアイは格上だし、日本が苦手なタイプのサッカーをしてくる。苦戦は必至

グループリーグ第3戦のデンマーク戦の勝利があまりにあざやかだったため、マスコミの論調はイケイケドンドン。しかしここは、初戦カメルーン戦に臨んだときの心境で挑むべきだと思います。

どんなにカッコ悪くても、つまらなくても、徹底的に守って少ないチャンスをうかがう
たった3試合で日本の実力が何倍にもなったかのような幻想は捨て、「俺たちは弱い」(闘莉王)ことを思い出さねばなりません。

試合の駆け引きは百戦錬磨のパラグアイ。ただ、基本的にはカウンターサッカーだと思うので、引いてくる相手を崩すのはさほど得意でないはず。中途半端に攻めに出ず、試合を”殺して”パラグアイをじらす戦術もありかと。







さて、決戦直前だからこそ、あえてW杯の後のことを考えてみます。大会が終わったら、日本代表の監督はどうなるのか。

岡田武史監督の続投を望みます

大会が始まる前から「戦犯扱い」だった岡田武史監督。痛々しいほどに叩かれ、「岡田ジャパンは南アフリカで負けて解散」が規定路線になっていました。

ところが、日本代表は1次リーグを突破。
あのトゲトゲしい世論を思い出すのがなつかしいほど、いまでは様相が一変しています。

2得点の本田圭佑やチームの心臓遠藤保仁は連日マスコミに取り上げられ、サッカー番組「やべっちFC」では解説者のセルジオ越後さんが『(0勝3敗と予想して)ごめんなさい』とアタマを下げていました。

節操がない、という人もいますが、これがスポーツのスポーツたるところ。勝てば英雄、負ければ無能。はっきりしない世の中で、スポーツぐらいははっきりしてくれていい。







岡田監督が結果を出せたのは、徹底的に叩かれたからだと思います。
追いつめられて追いつめられて、いい意味で開き直ることができた。指揮官が迷いを捨てたおかげで選手は役割が整理され、個々の能力を有効に発揮できるようになり、結果、日本の実力が形になってあらわれた。

大会前のテストマッチが勝ったり負けたりの中途半端な状況だったら、岡田監督と選手たちはここまで割り切れなかったでしょう。禍福はあざなえる縄の如し。いまとなっては、バッシングが日本代表を勝たせたと言っていいのかもしれません。

勝負師としての大きな山を、岡田監督は越えた
非難と批判の険しい道を踏破した頂上からの景色は、日本ではまだ誰も見たことがないもの。奇麗なのか雄大なのかはわかりませんが、そこからは日本サッカーがよりレベルアップするための新たなルートが見えているはずです。

岡田さんは53歳。サッカー監督としてはまだ十分に若い。貴重な経験を現場でダイレクトにいかしてほしいし、第一人者として日本代表に新たな目標を与えてほしい。「農業をしたい」や「出家する」なんて報道がありますが、引退なんぞされては日本サッカー界の大きな損失です。







アジアNo.1を決めるアジア・カップがすぐ半年後に迫っているのも、続投を望む理由のひとつ。新監督で闘うにはチーム作りの時間が足りません。

また、戦術面の理由も。
就任直後から標榜してきた「人とボールが動くサッカー」を、本番直前に大幅修正。大きな賭けでしたが、結果が見事出たおかげで、いまの日本代表は二つの顔を持ちつつある。

アクションサッカーとリアクションサッカー。双方を使いこなせるようになれば、日本はまちがいなく強くなる。相反する要素を融合する困難な作業ですが、サムライたちをここまで引き上げたのはほかならぬ岡田監督。せっかく身に着けつつある持ち味をいかすには、当人がいちばん適任です。







強豪国ほど、監督の就任期間は長い。そして、W杯で結果を出せる監督は少ない。

大舞台で結果を出した監督に、長期間代表を任せる。サッカー界のシンプルなセオリーが、いまの日本が選ぶべきもっとも妥当な道だと考えます。少なくとも、来年1月のアジアカップまで岡田監督と契約を延長すべきでしょう。

チームの世代交代や、オリンピック代表チームとの兼任など、大会後の課題は山積。パラグアイ戦をみてからで遅いことはありませんが、結果が出ている以上、早くて悪いこともない。

日本のワールドカップは続いており、大会の後もサッカーは続いていく。
「新生岡田ジャパン誕生」の見出しが各紙を飾ってほしいと願いつつ、パラグアイ戦にここ横浜から念を送ります。

サムライJAPAN、未来につながる戦いを!
[PR]
by daruwafu | 2010-06-29 18:57 | 日本代表

詠み人知らず   蹴球な格言 その35



”サッカーは21世紀最大のコミニュケーション・ツール”






                         詠み人知らず
[PR]
by daruwafu | 2010-06-29 17:04 | 蹴球な格言

ブラジル対ポルトガル・コートジボワール対北朝鮮・スペイン対チリ・スイス対ホンジュラス 南アW杯15日目


グループリーグ G組  第3戦

ブラジル 0-0 ポルトガル
コートジボワール 3-0 北朝鮮

<順位>
1位☆   ブラジル        勝ち点7   得失点差+3   総得点5
2位☆   ポルトガル       勝ち点5   得失点差+7   総得点7
3位★   コートジボワール   勝ち点4   得失点差+1   総得点4
4位★   北朝鮮          勝ち点0   得失点差-11   総得点1





グループリーグ H組   第3戦

スペイン 2-1 チリ
スイス 0-0 ホンジュラス

<順位>
1位☆   スペイン        勝ち点6   得失点差+2   総得点4
2位☆   チリ           勝ち点6   得失点差+1   総得点3
3位★   スイス          勝ち点4   得失点差±0   総得点1
4位★   ホンジュラス       勝ち点1   得失点差-2   総得点0








グループリーグ最終日。
ブラジルのルイス・ファビアーノ、ポルトガルのクリスチアーノ・ロナウド、スペインのフェルナンド・トーレスと、カカが出場停止でも有名選手が揃い踏みの一日。前半戦の千秋楽です。



結果から言えば、強豪国が順当に勝ち上がりました
スペインを破ったのに敗退したスイス。もったいないと思えますが、「優勝候補のスペインに勝利したことはファンの最高の思い出になるだろう」と、フィッツフェルト監督はコメント。

たった1チームをのぞいて、すべて負けるのがトーナメント勝負。良い思い出とともに去れるチームは多くなく、世界中の観衆を驚かせたスイスは誇りを持っていいと思います。




一方で、悔しさに歯噛みする国がある。得失点差「9」は、コートジボワールに重すぎた。

ポルトガルに勝っていれば、ブラジルに引き分けていれば、ドログバが怪我しなかったら、、北朝鮮が7点も取られなければ‥‥G組に入っていなければ。すべてはあとの祭り

自分たちの力でどうにかできることと、人知のあずかり知らぬこととがある。象牙の海岸には、「運」の詰まったボトルは流れ着かず。
日本代表よりまちがいなく強いコートジボワール、日の丸に先んじる帰国となりました。




初戦のつまづきを取り返し、なんとか1位通過したスペインは、果たして優勝できるのか。
10人のチリにゴールを割られ、終わってみればグループリーグ3試合は4得点2失点。楽な勝ち上がりとは行かず、大会前の高い評価はややしぼみ気味。

決勝トーナメントは、いきなり兄弟国のポルトガルと激突。BEST8で日本が待ちうけ(多分)、となりの山からはディエゴかゲルマンか。どこがきても、寝不足保障済み。

なんの根拠もありませんが、無敵艦隊はこんどこそやってくれる気がします。先に苦しんだのが、いいクスリになって効いてくるんじゃないかと。
われらが日本、ガチのスペインとやれたら言うことなしでしょう。




退屈なんていわれながらも、第2戦,第3戦と盛り上がったグループリーグでした。
敗退し泣き崩れたイタリアのクアリアレッラ、最後まで仏頂面だったフランス・ドメネク監督、7-0で終わったポルトガル戦のチョン・テセの表情。なぜかいつも、負けた選手たちに目が向いてしまいます

日本の選手たちの印象は、まだ思い返さないことにしたい。日本のW杯は続いている。これまでをさらに上回るすばらしい瞬間が待ってるんじゃないか。そう思うからです。

ワールドカップで次がある喜び。日本対パラグアイ戦は、明日です。
[PR]
by daruwafu | 2010-06-28 16:24 | W杯(ワールドカップ)

ゲリー・リネカー   蹴球な格言 その34



”サッカーというのは単純な競技さ。22人の男たちが、90分間、ボールの後を追いかけ回す。そして、最後にドイツ人が勝つんだ”






                    元イングランド代表   ゲリー・リネカー



      ――――――1990年イタリアW杯準決勝、PK戦でドイツに敗れて
[PR]
by daruwafu | 2010-06-28 15:01 | 蹴球な格言

日本対デンマーク・オランダ対カメルーン・スロバキア対イタリア・ニュージーランド対パラグアイW杯14日



グループリーグ E組  第3戦

日本 3-1 デンマーク
オランダ 2-1 カメルーン

<順位>
1位☆   オランダ        勝ち点9   得失点差+4   総得点5
2位☆   日本           勝ち点6   得失点差+2   総得点4
3位★   デンマーク        勝ち点3   得失点差-3   総得点3
4位★   カメルーン         勝ち点0   得失点差-3   総得点2





■グループリーグ F組   第3戦

スロバキア 3-2 イタリア
ニュージーランド 0-0 パラグアイ

<順位>
1位☆   パラグアイ       勝ち点5   得失点差+2   総得点2
2位☆   スロバキア       勝ち点4   得失点差±0   総得点4
3位★   ニュージーランド    勝ち点3   得失点差±0   総得点2
4位★   イタリア          勝ち点2   得失点差-1   総得点4









『南アの奇跡』と呼ぶのが大げさに思えるほど、この日の日本代表は底力を見せつけて難敵デンマークを撃破。ベスト8入りが現実味を帯びる、すばらしい素晴らしいスバラシイ勝利でした。やった!!!






開始からアグレッシブに出る日本は、これまでの2戦とは異なる入り方。前に行く分、空いたスペースを使われて、確実にパスをつなぐデンマークにサイドから押し込まれます。

この時間帯を耐えたのが第1の勝因。
今大会は先制点の重要性がとにかく高く、ここでもし失点していたらまったく逆の展開もありえた。

17分の本田圭佑、30分の遠藤保仁の2本のフリーキックで一挙にリード。日本サッカーの最大の武器がこの直接フリーキック。ここ一番の大舞台で、伝家の宝刀が鮮やかに抜き放たれました。第2の勝因。

おもしろいもので、形勢は180度回転。デンマークの攻めは勢いを失い、日本のパスが回り始める。3点取らなくてはならなくなったデンマークの足に重りがついたかのよう。

後半のMVPは中澤佑二&闘莉王。これでもかと打ち込んでくるダニッシュ・クロスを、ヘディングでことごとくはね返す。
一説には、1回のヘディングで脳細胞3000個が失われるとか。第3の勝因は、2人の脳ミソの尊い犠牲。

PKは致し方なし。10人レフェリーがいたら、5,6人は取らないファールとみます。一度は止めたGK川島永嗣は自信を持ってよし、です。逆にキッカーのトマソンが川島をよけた際に足を痛め、そのあと満足に走れなくなったので、お互いチャラ。

パワープレーに出たデンマークの逆手を取って奪った3点目も素晴らしかった。
それ以上に、第4にして最大の勝因は、試合終了後にできた歓喜の輪。ピッチの選手に控えのベンチメンバーがあっという間に加わって、肩を組み、喜びを爆発させて飛び跳ねました。

全員が満面の笑み。あの一体感があったから、日本は勝利を手にできた。感動しました。

「団結すれば勝てる」
岡田ジャパンが教えてくれた、最高の収穫です。
23人の選手だけじゃない。4人のサポートメンバーにスタッフ、サッカー協会の全員がチカラを合わせ、われらが日本サッカーのポテンシャルを目一杯引き出してくれた。
オシムさんのコトバを借りれば、「日本にだってサッカーがあることを証明」してくれました




さぁ、次の相手はイタリア…ではなくパラグアイ。前回王者はフランス同様グループ最下位で投了。楽勝と見られた組み分けだったのに…。

王者らしからぬ寂しい内容の試合に終始。最後の粘りはらしかったものの、3引き分けで同グループを乗り切ったニュージーランドのほうを賞賛したい気分に。
フランスといい、欧州の低落傾向はなにがしかの理由があるんでしょうか。




ともあれ、日本の前に立ちはだかるはパラグアイ。もちろん格上です。
オランダほどではないが、デンマーク,カメルーンよりは少し強い、そんなところか。本気で10回戦ったら、日本が勝てるのはせいぜい1,2回かと。

これまで対戦した相手とはタイプがまったく違うのが厄介。代表のスカウティング・チームは、すぐさま寝ずの情報分析に入っているはずです。

PK戦があるので、決勝トーナメントは格下の国に有利といえなくもない。延長込みで、予想勝率は25パーセント
恐れず怯まず、過信を持たず、ハートは熱くアタマはクールに。パラグアイは手強いが、ブラジルでもスペインでもない。これまでどおりの戦いをつらぬけば、BEST8進出はありえる。




かつて名古屋グランパスを率いたアーセナルの名将ベンゲルは、最近岡田武史監督に会った際に「きついグループに入ったな。1次リーグを突破できたら、キミの銅像を立ててあげるよ」と言ったとか。

銅像はまだ早い。
団結と自信を手にしたサムライ・ブルーが、南アフリカの地にどこまで足跡を残せるのか。しかと見届けてからにしましょう。

銅像が金の像になったって、ベンゲルのふところは大して痛みませんから。

  
[PR]
by daruwafu | 2010-06-27 18:12 | 日本代表

蹴球なつぶやき その8


■注目を集めた日本対デンマーク戦は、6月25日未明の放送。前日24日に始まった参院選では、選挙幹部がスタッフに「選挙戦は長丁場。睡眠を絶対優先して」と、観戦自粛要請。






BEST4は勘弁して(某候補者)






■決勝トーナメント1回戦で日本と対戦するパラグアイ。W杯の試合がある日は仕事は休みになり、街中で爆竹を鳴らして応援する。






わが社も見習うべき(寝不足リーマン)
[PR]
by daruwafu | 2010-06-27 16:50 | 蹴球なつぶやき

ディエゴ・マラドーナ   蹴球な格言 その33



"彼らは私のファンでなければならない。でなければ国民をやめるべき"






           アルゼンチン代表監督   ディエゴ・マラドーナ



    ――――――2008年11月、アルゼンチン代表監督の就任会見で
 
[PR]
by daruwafu | 2010-06-27 16:38 | 蹴球な格言

イングランド対スロベニア・米国対アルジェリア・ドイツ対ガーナ・豪州対セルビア 南アW杯13日目


グループリーグ C組  第3戦

イングランド 1-0 スロベニア
アメリカ 1-0 アルジェリア

<順位>
1位☆   アメリカ        勝ち点5   得失点差+1   総得点4
2位☆   イングランド      勝ち点5   得失点差+1   総得点2
3位★   スロベニア       勝ち点4   得失点差±0   総得点3
4位★   アルジェリア      勝ち点1   得失点差-1   総得点1





■グループリーグ D組  第3戦

ドイツ 1-0 ガーナ
オーストラリア 2-1 セルビア

<順位>
1位☆   ドイツ         勝ち点6   得失点差+4   総得点5
2位☆   ガーナ         勝ち点4   得失点差±0   総得点2
3位★   オーストラリア     勝ち点4   得失点差-3   総得点3
4位★   セルビア         勝ち点3   得失点差-1   総得点2









13日目を迎えた大会は、日本代表の活躍が重なって連日連夜興奮のサッカー三昧
さすがにそろそろ疲れが出てきて、試合中にウトウト…とはならなかったイングランド対スロベニア。日本時間で深夜1時近くても、最後の5分はドキドキでした。




イングランドは奥さんとそろって応援しているチーム。うちの奥さんはルーニーの暴れん坊振りが大好きで、ジェラードも好き(ゲイの皆さんに大人気なるエピソードがお気に入り)。
「世界を驚かすだろう」とオシムが予言したスロベニアにも決勝トーナメントに進んでほしく、頭の中ではつねに得失点差がグルグル。 

イングランドが1点リードのまま終われば両チームいけそうだったんですが…。
同時刻キックオフのアメリカがロスタイムにアルジェリアからゴールを上げる劇的な結末。スロベニア、無念。

それでも、世界に名だたるスターたちを相手に、アルプスの南の小国は良く戦いました。
試合後のインタビューで、イングランドのカペッロ監督が興奮をあらわにしていたのがその証拠。不倫問題にゆれた”元主将”テリーの「顔面ダイビング」も、並みの勝負ではお目にかかれない魂のプレー。

優勝候補を本気にさせたスロベニアは、胸を張って故郷に帰ってほしいです。
それと、やりますな、アメリカ。シドニー五輪を思い出しました。



結局落ち着くところに落ち着いた感のある「死のD組」。
4チームに最後の最後まで可能性が残されたゲームは、ワールドカップの魅力を多くの人に知らしめたでしょう。地上波で放送されなかったのが残念。

苦しむアフリカ勢で生き残ったガーナ。南アフリカのサポーターが、どう応援するのか注目したいです。
それと、きましたな、ドイツ対イングランド。タマラン!




歓喜と絶望の交錯する大一番の連続で、さりげなく存在感を出してる「中国・英利」
電子掲示板に浮かぶ中国企業の広告は、時代の移り変わりの象徴にも見えます。

欧州と南米のものだったW杯にも、変化のときが訪れているのか。
この南アフリカ大会、ターニングポイントとして後世に語られるのかもしれません。
[PR]
by daruwafu | 2010-06-26 18:54 | W杯(ワールドカップ)


サッカーのつれづれをなるままに…マリノス・代表・Jリーグ、W杯に欧州・南米etc 蹴球の森羅万象を横浜からコラムしてます


by daruwafu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
横浜Fマリノス
日本代表
W杯(ワールドカップ)
Jリーグ
ワールドサッカー
蹴球な格言
蹴球ひとむかし
蹴球なデータ
蹴球なシネマ
蹴球なつぶやき
未分類

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2011-02-15 22:10
岡野雅行 <蹴球な格言・その..
at 2011-01-09 17:58
ジョセフ・ブラッター <蹴球..
at 2010-12-14 13:06
ヨハン・クライフ <蹴球な格..
at 2010-12-03 14:38
黒田和生 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-25 14:27
フランツ・ミカエル・メルビン..
at 2010-11-22 16:31
岡田武史 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-16 13:06
イビツァ・オシム <蹴球な格..
at 2010-11-11 21:57
川口能活 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-05 14:29
フランクリン・ロボス <蹴球..
at 2010-10-30 21:04

リンク

<ランキング・サイト>
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブログランキング



ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

TREview

人気BLOGRANK

スポーツランキング
ブログ王ランキング
BS blog Ranking
有名ブログランキング
リンクリックブログランキング
インフォブログランキング


<人気サッカーブログ>
サッカーコラム J3 Plus+
ATTACKING PHASE
世界一蹴の旅
FCKSA55
YouTubeサッカー動画紹介ブログ
蹴閑ガゼッタ

<サッカー 公式サイト>
日本サッカー協会
Jリーグ
Jリーグ選手協会
J's GOAL
JFL
なでしこリーグ
日本フットサル連盟
Fリーグ
FIFA 国際サッカー連盟(英語)
UEFA 欧州サッカー協会連盟
AFC アジアサッカー連盟
東アジアサッカー連盟
toto
賀川サッカーライブラリー
ロボカップ日本委員会

<Jクラブ 公式サイト>
横浜F・マリノス
横浜FC
ジュビロ磐田
コンサドーレ札幌
川崎フロンターレ
湘南ベルマーレ
F.C.東京
愛媛FC
ザスパ草津
ギラヴァンツ北九州
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
アルビレックス新潟
アビスパ福岡
東京ヴェルディ
サンフレッチェ広島
名古屋グランパス
京都サンガ
清水エスパルス
ジェフユナイテッド千葉
柏レイソル
大分トリニータ
栃木SC
ヴァンフォーレ甲府
ロアッソ熊本
サガン鳥栖
徳島ヴォルティス
ヴィッセル神戸
大宮アルディージャ
セレッソ大阪
カターレ富山
水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山
FC岐阜

FC町田ゼルビア
S.C.相模原
松本山雅FC
ヴォルカ鹿児島
ガイナーレ鳥取
福島ユナイテッドFC
FC琉球
V・ファーレン長崎
ツェーゲン金沢
カマタマーレ讃岐

<外国クラブ 公式サイト>
レアル・マドリードC.F.
A.C.ミラン
FCバルセロナ
マンチェスター・ユナイテッド
アーセナルFC
バイエルン・ミュンヘン
ユヴェントスFC
バレンシア

<サッカーニュース・情報>
livedoor スポーツ
sportsnavi.com
サポティスタ
サッカー日本代表ネットワーク
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
中日スポーツ
デイリースポーツ
Yahoo!スポーツ
gooスポーツ
Google ニュース
biglobe スポーツ
時事通信
日本経済新聞
読売新聞
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
zakzak
FC JAPAN
fuori-classe(フォリクラッセ)
カルチョファンサイト
日本代表サッカー倶楽部
Number Web



<選手 ブログ・サイト>
中村俊輔 shunsuke.com
本田圭佑
川口能活 yoshikatu.net
稲本潤一
松井大輔
岡崎慎司 Ocafe
川島永嗣 Life is beautiful.
中村憲剛 Kengo14
楢崎正剛
大久保嘉人
佐藤寿人 MARZO DECIMO
宮本恒靖 m.tsune
高原直泰 TAKA19
三浦知良 BOA SORTE KAZU!
岡野雅行 野人は死なない!!
藤田俊哉
小野伸二
播戸竜二
鈴木啓太
リオネル・メッシ LEO MESSI

<解説者 ブログ・サイト>
中田英寿 nakata.net
中田英寿 TAKE ACTION
名波浩 LEFTY Web
前園真聖 zono.net
山口素弘 M.Pivote
ラモス瑠偉 CARIOCA
湯浅健二のサッカーホームページ
宇都宮徹壱 徹壱の部屋

<ファンサイト>
しゅりんぷと横浜FC

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

しずや

最新のトラックバック

リトルなでしこ、韓国にP..
from うんどうエッセイ「猫なべの定..
ニコニコ湘南
from 湘南
スポーツの普及
from Anything Story

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧