<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

手倉森 誠  <蹴球な格言・その97>

                                            にほんブログ村 サッカーブログへ

                                          人気ブログランキングへ


"セキが代表に選ばれた。おめでとう”






               ベガルダ仙台監督   手倉森 誠



――――――9月30日、ザックジャパン最初の代表メンバーが発表された。欧州組の多数召集が予測され、大幅な変動の無い顔ぶれで、ひときわ目立ったのがベガルタ仙台所属の関口訓充(くにみつ)選手。本人だけでなく、クラブにとっても生え抜き選手のフル代表選出は初めて。練習終了直後に、手倉森監督が選手全員を集めてうれしい発表を口にした。驚きの拍手で祝福された当の関口選手は、最初自分だとわからずボーッとしていたという。






ただいま代表チームの愛称にまつわる情報募集してます!↓
お知恵を拝借いたしたく~全世界・代表チームの愛称情報募集中!
[PR]
by daruwafu | 2010-10-03 00:26 | 蹴球な格言

売るけど売らないハマの球団

                                            にほんブログ村 サッカーブログへ

                                          人気ブログランキングへ




デフレの世の中、高い買い物はだれしも控えたい。高級ブランド品が回らなくて質屋さんが困ってるなんて話を耳にするのに、はたして一体、高くて実入りの乏しいハマの名物を買ってくれる人がいるのかどうか。

横浜ベイスターズが売りに出されているそう。ご存知、プロ野球セ・リーグの万年最下位チーム。
もちろんサッカーのクラブじゃありませんが、横浜生まれ横浜育ち横浜在住に横浜在勤な人間には、聞き捨てて置けない事態です。

親会社のTBSがすでに売却先の当たりをつけていて、住宅設備会社の「住生活グループ」が有力なんだとか。
うまくまとまるといいのですが。



「住生活グループ」は鹿島アントラーズのスポンサーで、サッカーと関係がある会社。ユニフォームの胸の『TOSTEM』がおなじみ

野球球団の売却といえば、以前に「銀行に現金で500億円ある」とのたまった人たちがいましたが、あんな騒動はこりごり。

JリーグならとっくにJ2の下のほうに落っこちてるチームを買ってくれるなんて、商談込みであれ十分にありがたい話。
どうかよろしくお願いしますと、市民としては頭を下げたい気分です。



ただし、ひとつだけ守ってもらわなくてはならないことが。

『ホームを移さない』

サッカー界ならば、地域密着は鉄則のひとつです。ホームタウンなくして、サッカーは成り立たない

大昔は下関など西日本に拠点のあったベイスターズですが、神奈川の川崎に移ってすでに半世紀以上が過ぎ、おなじ神奈川の横浜に来てもう30年以上。

ファン、選手、スタジアムのすべてに、イベントや球音、浜風、夏休みにはスタンド越しに見える山下公園の花火大会。
ベイスターズにまつわるもろもろが、港町にすっかり根を下ろしています



弱いくせにえらそうに、といわれれば立つ瀬がない。ですが、半世紀の歴史はあなどれません。

サッカー大好き人間ですら、横浜スタジアムにベイスターズ(昔は大洋ホエールズ)をなんども応援に行ったことがある。近所には「ヒゲの斎藤」こと斎藤明夫(明雄)投手が住んでいて、昼間に電車で〝出勤〟していく姿をみかけました。
1998年の優勝パレードに数十万人が繰り出したのは伊達じゃない。ここ横浜で生まれ育って、まったくベイスターズに関わったことのない人はそうはいないはずです。

あって当たり前。当たり前すぎてふだん忘れてしまうくらいの存在。
うまくいえませんが、結局これが「ホーム」なんじゃなかろうかと。
あまりの弱さについグチが出ますが、地元だからこそ言いたくなるわけで、これがどこかよその街のチームなら、最初から気にかけもしない。

Jリーグがプロ野球を反面教師に地域密着を掲げてスタートし、18年。ホームタウンの意識はすっかり根付き、サッカーを語るのにかかせない言葉となっています。

だからといって、野球にホーム意識がないわけではなく、東京から札幌に移って大成功した日本ハムのように、両者はそれぞれ補い合っていまの共存状態を作ってきている。

ベイスターズは、Jリーグの倍以上の年月をここ横浜で過ごしてきました。Jクラブのように地域に積極的に関わった時期はそう長くなくとも、理屈や経済や数字を超えて、ベイスターズと横浜はイコールで結ばれているのです。

サッカー的観点からいって、ひとつの理想の姿じゃないでしょうか。



どこまでホントかわかりませんが、売却交渉のニュースに「新潟へ移転」の文字がチラホラ。

アルビレックスの成功をみれば、新潟にスポーツの土壌があるのはよくわかります。
それならば、そろそろ野球界が本気で構造改革に着手して、球団を各地域に新しく作るのが筋。

安易なパズル感覚で「横浜でダメなんで新潟いきます」では、横浜人の大反感とアルビレックス人のとまどいを生むだけ。わずか8年でチームを手放したTBSの失敗を繰り返すことになるでしょう。

「住生活グループ」は、模範的なクラブ経営をしている鹿島アントラーズと関わりのある企業なので、ホーム意識がスポーツに占める重要性をわかってくれていると思いたい。

横浜はそれなりに大きな都市で、サッカーと野球以外にさまざまなスポーツが息づいている。人口なら日本で最大の地方都市。
マリノスと横浜FCがいて、神奈川県には川崎と湘南。S.C.相模原というニューカマーまで出てきている。

野球だけが横浜で立ち行かないなんて主張は説得力が無く、実際に移転してしまう可能性は低いとみています。移転どうこうの前に、選手の年俸削減ほかやるべき改革は山ほどある。
伝えられている「準フランチャイズ化」(一定数の試合を新潟で開催する)が、落としどころでしょうか。



「売却」の二文字を見てざわめきたった想いが、あらためて「ホーム」のなんたるかを考えさせてくれました。

10年以上前になりましたが、この街でひとつのサッカー・クラブが吸収の形で消滅し、その旗の下からあらたなクラブが生まれていった経緯は、サッカー好きに周知の事実。
あのころまかり通った〝企業の論理〟は、ワールドカップを4回も体験してきたサポーターにはもはや通用しないでしょう。

東京ヴェルディ、大分トリニータ等々、「移転」だの「売却」だのは、いまなおサッカー界にくすぶり続けている。

ベイスターズの一件がなんとか軟着陸して、これからのスポーツ界の目安になればと願っています。

そういえば、スタジアムのあの固すぎる古くさい座席ともご無沙汰。
来シーズンは、家族総出で応援に行きますかね。

もちろん、横浜スタジアムに、ベイスターズを







ただいま代表チームの愛称にまつわる情報募集してます!↓
お知恵を拝借いたしたく~全世界・代表チームの愛称情報募集中!



[PR]
by daruwafu | 2010-10-02 16:53

関口訓充  <蹴球な格言・その96>

                                            にほんブログ村 サッカーブログへ

                                          人気ブログランキングへ


”人生の半分を損している”






            日本代表候補・ベガルタ仙台 MF   関口訓充(くにみつ)



――――――国民的コミック『ONE PIECE』を愛する関口選手が、まだ読んでいない人に熱く言ってのけるひとこと。ザッケローニ監督が発表した最初の日本代表にサプライズ選出され、一躍注目の人となった。東京都多摩市出身で、帝京高校から仙台に入って7年目。これまで下の年代で目立った代表歴はなく、本人とクラブにとって青天の霹靂の代表入りだが、さっそくネタが出てくるあたり、ブレイクの予感ありか。『ONE PIECE』は最近、グッズ蒐集にも熱を上げているそう。






ただいま代表チームの愛称にまつわる情報募集してます!↓
お知恵を拝借いたしたく~全世界・代表チームの愛称情報募集中!
[PR]
by daruwafu | 2010-10-02 13:07 | 蹴球な格言

目を向けるべき選手たち~「元」日本代表

                                            にほんブログ村 サッカーブログへ

                                          人気ブログランキングへ




9月30日に発表されたザッケローニ新監督セレクトの最初の日本代表メンバーは総勢25人。

FW登録が最多の8人いたほか、マスコミ的にノーマークだった関口訓充(くにみつ)選手がベガルタ仙台から選ばれていて、さっそく話題になっています。

このメンバーで戦うのは、10月8日のアルゼンチン戦と12日の韓国戦。どちらをとっても楽しみな、ザックジャパンの船出です。



2試合に25人の招集は、やや多いんではと感じました。

ザック監督の会見から察すると、先月の親善試合パラグアイ戦・グアテマラ戦のメンバーを軸にしながら、そこにザックのお眼鏡にかなった選手を組み込んでいったよう。
これまでのチームにプラス何人とみれば、自然と選手の数は多くなるのでしょう。

来年早々にはアジアカップが控えており、ゼロから新しくチームを作る時間はありません。

代表の10月シリーズは、約10日間だけとはいえ、公式大会目前の貴重な合宿期間。岡田武史前監督の流れを大事にしながら、欧州組・国内組の気になる選手をまとめて召集しておく。
まず、うなずける話です。



スタメン、システム、実際に強敵2カ国に勝てるのか。
気になることはたくさんありますが、ここで水を向けたいのは、これまで選ばれてきたのに今回外れた選手たち

そこそこ多くの選手が招集されていて、顔ぶれはこれまでの流れに沿っている。
それなのに選ばれなかった選手は、言葉はナンですが、ザック監督の目線から「外れた」選手と言えなくもない。
初召集に心躍らす選手がいる一方で、ひそやかに残酷な話です。



南アフリカW杯代表23人からは、

GK川口能活
DF岩政大樹
MF稲本潤一
FW玉田圭司
FW矢野貴章(きしょう)


の5人が選ばれていません(ケガで離脱中の大久保嘉人・中澤佑二に、代表引退を表明した中村俊輔・楢崎正剛は除く)。

9月4日・7日のパラグアイ戦・グアテマラ戦に召集されて今回呼ばれていないのは

MF橋本英郎(ひでお)
MF乾貴士(いぬい・たかし)

DF永田充(みつる)

の3名(ケガの藤本淳吾はやはり除外)。

彼らの心中たるや、穏やかではないでしょう。



記者会見でザック監督は、ゆるやかに世代交代を進めていく旨を語っていました。

今回呼ばれなかった選手は、35歳の川口選手ほか、30代が4人。4年後のブラジルW杯の時には、乾選手以外は全員が30代を迎えています。

30歳になったとたんにベテラン扱いする風潮は好きではないのですが、ある程度「決め打ち」的な年齢の線引きは代表の新陳代謝にやはり必要。
特に監督が変わったばかりのこの時期は、ベテラン勢に向かい風が吹くのは、致し方ないところかもしれません。



首位を行く名古屋で前節ハットトリックを決めた玉田選手、2位の鹿島で堅陣を築く岩政選手、浮上してきた3位ガンバの中盤の要橋本選手、4位セレッソの勢いを象徴する乾選手。

それぞれ選ばれてまったくおかしくない立派な活躍をしています。好調を維持すれば、ザックを振り向かせるのはそうむずかしくないでしょう。

過去の代表には、調子が悪くて外れたというより、外れたのがきっかけで調子を崩し、そのまま日の丸から遠ざかっていった選手がけっこういました。
あの青い衣には、一種魔法的な力があって、選手を生かしもすれば殺しもする

代表発表のたび、外れた選手に「また戻って来いよ」と思う。なのに現金なもので、香川真司選手がブンデスで代表で躍動すれば、頭の中は若き才能に占められ、少しずつ外れた選手たちを忘れていってしまうのです。

サポーター心と秋の空。
身勝手なものですが、発表のときはせめて、入らなかった選手をしっかり確認しようと決めています。



先にあげた選手たちのほかに、南アフリカ行きを最後まで争った面々がいますし、外国組だってまだたくさんいる。黄金世代が老け込むのは早いし、オラがマリノスからはあと2人くらい入ってよかった

悔しい思いをした選手が多いのは、それだけ日本サッカー全体のレベルが上がった証拠。大切なのはここからです。

残酷だろうが惨めだろうが、選手たちにはサムライの青いユニフォームを絶対にあきらめてほしくない。「外された」のを発奮材料にクラブでがんばり、サポーターに「うちの○○を選ばないなんてザックはどうかしてるぜ!」と言わせてほしいものです。

4年前、イビツァ・オシムさんが代表監督に就任したとき、最初に召集されたのは19人。その中で南アフリカW杯の代表に入ったのは、わずかに5人だけ。競争は始まったばかり

外れた人に、忘れられてる人。ベテランに、ケガ人。
いえるのは、『元』の字を外したいと願っている選手なら誰でも、大事な日本代表の一員だということです。






ただいま代表チームの愛称にまつわる情報募集してます!↓
お知恵を拝借いたしたく~全世界・代表チームの愛称情報募集中!
[PR]
by daruwafu | 2010-10-01 18:37 | 日本代表

デメトリオ・アルベルティーニ  <蹴球な格言・その95>

                                            にほんブログ村 サッカーブログへ

                                          人気ブログランキングへ


”周囲がザックのコトバを聞き漏らさないこと。細部にわたる指示に忠実でなければなりません。この姿勢が選手になければ、彼のサッカーは成功し得ない”






    元イタリア代表・ACミランMF
    現イタリアサッカー連盟副会長   デメトリオ・アルベルティーニ



――――――イタリアでレジスタ(演出家・ボランチ)といえば、いまはピルロ(ACミラン)、かつてはこの人、アルベルティーニの名が浮かぶはず。ACミランとイタリア代表で10年にわたりチームを自在に操った彼は、1998-99シーズンに現日本代表監督アルベルト・ザッケローニの指揮でプレーし、スクデット(優勝盾)を獲得している。アリゴ・サッキ、ファビオ・カペッロら世界的名将のもと数多くのタイトルを掲げた現役時代で、ザックに率いられたこのシーズンを「《グランデ・ミラン》(偉大なミラン)が健在であることを証明出来た」と語り、強く心にとどめているアルベルティーニ。ザックの日本代表監督就任を受けて、かつての恩師の指導スタイルを経験者の視点から語った。





ただいま代表チームの愛称にまつわる情報募集してます!↓
お知恵を拝借いたしたく~全世界・代表チームの愛称情報募集中!
[PR]
by daruwafu | 2010-10-01 12:11 | 蹴球な格言


サッカーのつれづれをなるままに…マリノス・代表・Jリーグ、W杯に欧州・南米etc 蹴球の森羅万象を横浜からコラムしてます


by daruwafu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
横浜Fマリノス
日本代表
W杯(ワールドカップ)
Jリーグ
ワールドサッカー
蹴球な格言
蹴球ひとむかし
蹴球なデータ
蹴球なシネマ
蹴球なつぶやき
未分類

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2011-02-15 22:10
岡野雅行 <蹴球な格言・その..
at 2011-01-09 17:58
ジョセフ・ブラッター <蹴球..
at 2010-12-14 13:06
ヨハン・クライフ <蹴球な格..
at 2010-12-03 14:38
黒田和生 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-25 14:27
フランツ・ミカエル・メルビン..
at 2010-11-22 16:31
岡田武史 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-16 13:06
イビツァ・オシム <蹴球な格..
at 2010-11-11 21:57
川口能活 <蹴球な格言・その..
at 2010-11-05 14:29
フランクリン・ロボス <蹴球..
at 2010-10-30 21:04

リンク

<ランキング・サイト>
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



ブログランキング



ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

TREview

人気BLOGRANK

スポーツランキング
ブログ王ランキング
BS blog Ranking
有名ブログランキング
リンクリックブログランキング
インフォブログランキング


<人気サッカーブログ>
サッカーコラム J3 Plus+
ATTACKING PHASE
世界一蹴の旅
FCKSA55
YouTubeサッカー動画紹介ブログ
蹴閑ガゼッタ

<サッカー 公式サイト>
日本サッカー協会
Jリーグ
Jリーグ選手協会
J's GOAL
JFL
なでしこリーグ
日本フットサル連盟
Fリーグ
FIFA 国際サッカー連盟(英語)
UEFA 欧州サッカー協会連盟
AFC アジアサッカー連盟
東アジアサッカー連盟
toto
賀川サッカーライブラリー
ロボカップ日本委員会

<Jクラブ 公式サイト>
横浜F・マリノス
横浜FC
ジュビロ磐田
コンサドーレ札幌
川崎フロンターレ
湘南ベルマーレ
F.C.東京
愛媛FC
ザスパ草津
ギラヴァンツ北九州
浦和レッズ
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
アルビレックス新潟
アビスパ福岡
東京ヴェルディ
サンフレッチェ広島
名古屋グランパス
京都サンガ
清水エスパルス
ジェフユナイテッド千葉
柏レイソル
大分トリニータ
栃木SC
ヴァンフォーレ甲府
ロアッソ熊本
サガン鳥栖
徳島ヴォルティス
ヴィッセル神戸
大宮アルディージャ
セレッソ大阪
カターレ富山
水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山
FC岐阜

FC町田ゼルビア
S.C.相模原
松本山雅FC
ヴォルカ鹿児島
ガイナーレ鳥取
福島ユナイテッドFC
FC琉球
V・ファーレン長崎
ツェーゲン金沢
カマタマーレ讃岐

<外国クラブ 公式サイト>
レアル・マドリードC.F.
A.C.ミラン
FCバルセロナ
マンチェスター・ユナイテッド
アーセナルFC
バイエルン・ミュンヘン
ユヴェントスFC
バレンシア

<サッカーニュース・情報>
livedoor スポーツ
sportsnavi.com
サポティスタ
サッカー日本代表ネットワーク
日刊スポーツ
スポーツニッポン
スポーツ報知
サンケイスポーツ
中日スポーツ
デイリースポーツ
Yahoo!スポーツ
gooスポーツ
Google ニュース
biglobe スポーツ
時事通信
日本経済新聞
読売新聞
朝日新聞
毎日新聞
産経新聞
zakzak
FC JAPAN
fuori-classe(フォリクラッセ)
カルチョファンサイト
日本代表サッカー倶楽部
Number Web



<選手 ブログ・サイト>
中村俊輔 shunsuke.com
本田圭佑
川口能活 yoshikatu.net
稲本潤一
松井大輔
岡崎慎司 Ocafe
川島永嗣 Life is beautiful.
中村憲剛 Kengo14
楢崎正剛
大久保嘉人
佐藤寿人 MARZO DECIMO
宮本恒靖 m.tsune
高原直泰 TAKA19
三浦知良 BOA SORTE KAZU!
岡野雅行 野人は死なない!!
藤田俊哉
小野伸二
播戸竜二
鈴木啓太
リオネル・メッシ LEO MESSI

<解説者 ブログ・サイト>
中田英寿 nakata.net
中田英寿 TAKE ACTION
名波浩 LEFTY Web
前園真聖 zono.net
山口素弘 M.Pivote
ラモス瑠偉 CARIOCA
湯浅健二のサッカーホームページ
宇都宮徹壱 徹壱の部屋

<ファンサイト>
しゅりんぷと横浜FC

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

フォロー中のブログ

しずや

最新のトラックバック

リトルなでしこ、韓国にP..
from うんどうエッセイ「猫なべの定..
ニコニコ湘南
from 湘南
スポーツの普及
from Anything Story

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧